さるめんえびね (猿面海老根)

学名  Calanthe tricarinata
日本名  サルメンエビネ
科名(日本名)  ラン科
  日本語別名  
漢名  三稜蝦脊蘭(サンリョウカセキラン,sanlengxiajilan)
科名(漢名)  蘭(ラン,lan)科
  漢語別名  九子連環草(キュウシレンカンソウ,jiuzilianhuancao)、三褶蝦脊蘭、肉連環、
英名 (English Name)  
2008/05/08 箱根湿生花園
『雲南の植物Ⅰ』265参照

 エビネ属 Calanthe(蝦脊蘭屬)については、エビネ属を見よ。
 和名は、赤く皺のよった唇瓣を サルの顔になぞらえて。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・臺灣・中国・ヒマラヤに分布。
 全国では絶滅危惧ⅠB類(EN)、埼玉では絶滅。
 中国では、本種とエビネの根を 硬九子連環草と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index