のぶき (野蕗) 

学名  Adenocaulon himalaicum(A. adhaerescens; A. bicolor var. adhaerescens)
日本名  ノブキ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  腺梗菜(センコウサイ,xiangengcai)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  葫蘆葉(コロヨウ,huluye)
英名  
2006/03/21 神代植物公園
2007/07/31 高尾山

 キク科におけるノブキ属 Adenocaulon(腺梗菜屬)の所属については、諸説がある。
 メナモミ族に入れる説、オグルマ族に入れる説、サワギク族に入れる説、キオン族に入れる説などがある。
 ノブキ属には、南北アメリカに4種があり、東アジアにはノブキ1種がある。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 
 日本・南千島・朝鮮・中国・ヒマラヤに分布。
 根状の茎を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index