もうせんごけ (毛氈苔)

学名  Drosera rotundifolia
日本名  モウセンゴケ
科名(日本名)  モウセンゴケ科
  日本語別名  
漢名  圓葉茅膏菜(エンヨウボウコウサイ,yuanyemaogaocai)
科名(漢名)  茅膏菜(ボウコウサイ,maogaocai)科
  漢語別名  
英名 (English Name)  Sundew
2008/07/24 蓼科山 (御泉水)

 モウセンゴケ科 Droseraceae(茅膏菜科)には4属約90-143種があり、全て食虫植物。
   ムジナモ属 Aldrovanda(貉藻屬)
 1属1種
     ムジナモ A. vesiculosa(貉藻)
 日本(本州)・朝鮮・中国(黑龍江)・インド・ヨーロッパ・アフリカ・オーストラリアに分布
   ハエトリグサ属 Dionaea  1属1種
     ハエトリグサ D. muscipula 
アメリカのノース&サウスカロライナ産、1759年発見
   モウセンゴケ属 Drosera(茅膏菜屬)
   Drosophyllum  1属1種
     D. lusitanicum 
イベリア・モロッコの太平洋側に分布 
 モウセンゴケ属 Drosera(茅膏菜屬)には、次のようなものがある。
   ナガバノモウセンゴケ D. anglica
   クルマバモウセンゴケ D. burmanii (錦地羅・五柱毛毡苔・落地金錢・一朶芙蓉花・烏蠅草)
 『中国本草図録』Ⅵ/2635
   ナガバノイシモチソウ D. indica (長葉茅膏菜・捕蠅草) 『中国本草図録』Ⅵ/2636
   サジバモウセンゴケ D. obovata
   D. peltata (茅膏菜
『雲南の植物』106
     イシモチソウ var. nipponica
     var. glabrata(光萼茅膏菜・地下明珠) 『中国本草図録』Ⅹ/4616
     var. lunata (茅膏菜)
 『雲南の植物Ⅱ』79
   モウセンゴケ D. rotundifolia (圓葉茅膏菜)
   コモウセンゴケ D. spathulata (匙葉茅膏菜・地毡草)
 
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(吉林・黒龍江・浙江・福建・湖南・廣東北部)・千島・樺太のほか、広く北半球の温帯・亜寒帯に分布。
 中国では、同属の植物のうち、D.burmanii、D.peltata、コモウセンゴケ D. spathulata などを薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index