まつも (松藻)

学名  Ceratophyllum demersum
日本名  マツモ
科名(日本名)  マツモ科
  日本語別名  キンギョモ
漢名  金魚藻(キンギョソウ,jinyuzao)
科名(漢名)  金魚藻科
  漢語別名  松藻(ショウソウ,songzao)
英名  Hornwort
2008/07/11 草津市水生植物園
 マツモ科 Ceratophyllaceae(金魚藻科)にはマツモ属 Ceratophyllum(金魚藻屬)1属があり、世界に3-5種がある。
   マツモ C. demersum(金魚藻)
     ヨツバリキンギョモ var. quadrispinum
   C. inflatum(寛葉金魚藻)
   C. manshuricum(東北金魚藻)
   C. oryzetorum(五刺金魚藻)
   C. submerum(細金魚藻) 
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』15(1806)水藻に、「カハモ イツモノハナ古歌、和名鈔 モ カハナグサ倶ニ同上」、「水藻ハ水中ニ生スル藻類ノ総名なり。・・・其一ハ聚藻 フサモ江州 キンギヨモ ヱビノス紀州 ノボリ但州 タジヤクモ勢州 スゞモ土州。・・・其一ハ馬藻 ヤナギモ サゝモキ水戸 サゝモ」と。
 世界の熱帯・温帯に分布、日本では全国にある。
 日本で、園芸上金魚藻(きんぎょも)と呼んできたものは、本種マツモと、アリノトウグサ科 Haloragaceae(小二仙草科)フサモ属 Myriophyllum(■{艸冠に雜}屬)のホザキノフサモ(キンギョモ) M.spicatum(■{艸冠に雜}・泥茜)である。
 ただし、近年金魚藻として売られているものは、スイレン科 Nymphaeaceae(睡蓮科)ハゴロモモ属 Cabomba のハゴロモモ
(フサジュンサイ) C.caroliana である。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index