くるまばそう (車葉草) 

学名  Asperula odorata
日本名  クルマバソウ
科名(日本名)  アカネ科
  日本語別名  セイヨウクルマバソウ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  Sweet woodruff
2006/06/04 北大植物園 (札幌)

 クルマバソウ属 Asperula(車葉草屬)には、次のようなものがある。
   クルマバソウ A. odorata
   ウスユキムグラ A. trifida 
 アカネ科 Rubiaceae(茜草科)については、アカネを見よ。
 
 日本(北海道・本州)・朝鮮・樺太及びヨーロッパ・北アフリカに分布。
 植物体にクマリンを含み、芳香がある。ただし腐敗醗酵すると生じるジクマロールは、強い溶血性を持ち、有毒。
 ヨーロッパではハーブとして用いる。白ワインに葉を入れてメイワインとし、春を祝う。
 乾燥しても芳香を保つので、ポプリに用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index