くまつづら 

学名  Verbena officinalis
日本名  クマツヅラ
科名(日本名)  クマツヅラ科
  日本語別名  
漢名  馬鞭草(バベンソウ,mabianco)
科名(漢名)  馬鞭草科
  漢語別名  龍牙草(リョウガソウ,longyacao)、鐵馬鞭(テツバベン,tiemabian)、風頸草(フウケイソウ,fengjingcao)
英名  Vervain, Common verbena, Frog's-foot, Pigeon's-foot
2008/04/17 薬用植物園


2007/06/07 薬用植物園


2007/06/20 同上


2004/08/10 同上


 クマツヅラ科 Verbenaceae(馬鞭草科)には、次のようなものがある。
   ヒルギダマシ属 Avicennia(海欖雌屬)
     ヒルギダマシ A. marina(海欖雌・咸水矮小讓木・海豆)
   ムラサキシキブ属 Callicarpa(紫珠屬)
   カリガネソウ属 Caryopteris(蕕屬)
   クサギ属 Clerodendrum(赬桐屬)
   Congea(康吉木屬)
     C. tomentosa((康吉木)
   Duranta(假連翹屬)
     D. repens(假連翹・籠笆樹・花墻刺)
   Garrettia(辣蕕屬)
     G. siamensis(辣蕕)
   Gmelina(石梓屬)
   シチヘンゲ属 Lantana(馬纓丹屬)
   イワダレソウ属  Lippia(Phyla;過江藤屬)
   Nyctanthes
 1属2種。モクセイ科に入れることがある
     N. aculeata
タイ産
     ヨルソケイ N. arbor-tristis
 インド・ビルマ・タイ・インドネシア産、信仰植物
   ハマクサギ属 Premna(臭黄荊屬)
   Sphenodesme(楔翅藤屬)
     S. pentandra(山白藤)
     S. unguiculata(楔翅藤)
   Stachytarpheta(假敗醬屬)
     S. jamaicensis(假敗醬・假馬鞭・倒困蛇・玉龍鞭)
   Tectona(柚木屬) 
1属3種
     チークノキ T. grandis(柚木)
 インド・ビルマ・タイ北部・ラオスに分布
     T. hamiltoniana 
ビルマ産
     T. philippinensis
フィリピン産
   Tsoongia(似荊屬)
     T. axillariflora(似荊)
   クマツヅラ属 Verbena(馬鞭草屬)
   ハマゴウ属 Vitex(牡荊屬) 
 クマツヅラ属 Verbena(馬鞭草屬)は、日本・中国にはクマツヅラ1種があるのみ。
   ヤナギハナガサ V. bonariensis
南アメリカ原産、日本に帰化
   ミナトクマツヅラ V. bracteata
北アメリカ原産
   アレチハナガサ V. brasiliensis
南アメリカ原産、日本に帰化
   V. hastata
   ダキバアレチハナガサ V. incompta
南アメリカ原産
   ビジョザクラ V.×hybrida(美女櫻・四季繡毬) 
園芸品種
   ヒメクマツヅラ V. litoralis
北アメリカ原産
   クマツヅラ V. officinalis(馬鞭草)
   シュッコンバーベナ V. rigida
南アメリカ原産
   マルバクマツヅラ V. stricta
北アメリカ原産
   カラクサハナガサ V. tenuisecta
南アメリカ原産 
 ウマウツツラ(馬打葛)の転訛、花穂が長く伸びることから。
 漢名も同。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)馬鞭草に、「和名久末都々良」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)馬鞭草に「和名久末豆々良」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)馬鞭草に、「クマツゞラ
和名鈔 馬折和方書 今ハ通名」と。
 ユーラシア大陸・北アフリカに広く分布。
 埼玉では絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
 全草に血止め・消炎作用があり、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.18-21 
 ヨーロッパでは、古代から魔力を持つ霊草。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index