かにくさ (蟹草)

学名  Lygodium japonicum
日本名  カニクサ
科名(日本名)  フサシダ科
  日本語別名  ツルシノブ、シャミセンヅル
漢名  海金沙(カイキンサ;haijinsha)
科名(漢名)  海金沙科
  漢語別名  金沙藤、左轉藤、蛤蟆藤、羅網藤、鐵綫藤、吐絲草、鼎擦藤、猛古藤、竹園荽
英名  
2009/08/06小平市 2009/07/18 小平市玉川上水


 フサシダ科 Schizaeaceae には、世界に4属約160種がある。
   カニクサ属 Lygodium(海金沙屬)中国では海金沙科を立てる
   フサシダ属 Schizaea(莎草蕨屬)
     カンザシワラビ S. dichotoma(分枝莎草蕨)
     フサシダ S. digitata(莎草蕨)
 
 カニクサ属 Lygodium(海金沙屬)には、熱帯を中心に約40種がある。
   L. flexuosum(L.pinnatifidum;長葉海金沙・柳葉海金沙・曲軸海金沙・駁筋藤)
       
全草を薬用
   カニクサ L. japonicum(海金沙)
   イリオモテシャミセンヅル L. microphyllum(小葉海金沙)
全草を薬用 
 シダ植物については、しだを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)海金沙に、「スナグサ カニグサ大和本草ニ京師ノ名トス。然レトモ今ハコノ名ヲ呼ズ カンヅル同上 カニヅル カナヅル イトカヅラ江州 タゝキグサ同上 ハナカヅラ西国 サミセンカヅラ同上 ツルシノブ江戸 サミセンヅル和州 リンキヤウグサ用薬須知後編 カニコグサ勢州」と。
 日本(本州福島関東以西・四国・九州)・朝鮮・中国(河南・安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・兩廣・四川・貴州・雲南)・琉球・臺灣・ヒマラヤ・熱帯アジア・オセアニアに分布。
 中国では、全草・根茎を薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.632-634 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index