かきどおし (籬通) 

学名  Glechoma hederacea ssp. grandis (=G. longituba)
日本名  カキドオシ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  カキドオロシ・カキドウロ、ツルハッカ、カントリグサ(癇取草)・カンキリグサ、カイトリバナ・カイトリグサ、カイネンヅル・カイネグサ、カイネダワラ、ウグサ
漢名  活血丹(カツケツタン,huoxuedan)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  佛耳草(ブツジソウ,fo'erdan)、連錢草(レンセンソウ,lianqiancao)、金錢草(キンセンソウ,jinqiancao)・金錢薄荷・落地金錢
英名  Field balm, Gill over the ground, Ground ivy
2007/03/29 野川公園自然観察園
2008/04/24 入間市宮寺 2007/04/10 小石川植物園
2007/04/19 薬用植物園 2007/05/10 同左


 カキドオシ属 Glechoma(活血丹屬・連錢草屬)には、次のようなものがある。
   G. biondiana(白透骨消・長管活血丹・見腫消)
     var. glabrescens(無毛白透骨消)
   G. hederacea
     コバノカキドオシ
(セイヨウカキドオシ) ssp.hederacea(歐連錢草・歐活血丹)
         
ヨーロッパ産、中国(新疆)にも分布
     カキドオシ ssp. grandis(G.grandis;日本活血丹・連錢草・佛耳草・金錢草・金錢薄荷)
        『中国雑草原色図鑑』186
     コウライカキドオシ var.longituba(G.longituba;活血丹・鐮錢草)
   ヤエヤマスズコウジュ G. luchuensis
   シキクンソウ G. shikikunensis
   G. sinograndis(大花活血丹)
   G. wallichii(頂序錐花) 
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 和名のカキドオシは、花期を過ぎると盛んに蔓を伸ばし、しばしば垣根を通り抜けることから。カントリソウは、子どもの癇を取る薬として用いたことから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)は、別名を挙げて「カキドヲシハ一名カキドヲロシ カキドウロ筑前 ツルハッカ カイネダハラ奥州 カイトリバナ カイトリグサ倶ニ同上 カイネンヅル加州 カイネグサ佐州 カントリグサ羽州 ウグサ長州 銭葛和方書」と。
 日本(全国)・朝鮮・中国(全国)・シベリア東部に分布。
 若葉は食用にするほか、全草を連銭草と呼び、薬用にする。
 西洋では、ハーブとして用いる。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index