ひめうず (姫烏頭) 

学名  Semiaquilegia adoxoides (=Aquilegia adoxoides; Isopyrum adoxoides)
日本名  ヒメウズ
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  
漢名  天葵(テンキ,tiankui)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  千年老鼠屎(センネンロウソシ,qiannianlaoshushi)・老鼠屎、紫背天葵、麥無踪
英名  
2007/03/04 野川公園自然観察園

2007/03/29 同上

2008/03/27 多摩森林科学園

2007/04/12 明治薬科大学薬草園


 ヒメウズ属 Semiaquilegia(天葵屬)は、1属1種。
   ヒメウズ S. adoxoides(天葵) 
 キンポウゲ科 Ranunculaceae(毛茛科)の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 和名は、トリカブト(烏頭,ウトウ,wutou,うず)に似て小型であることから。
 漢名の老鼠屎は、ネズミの糞。
 日本(本州関東以西・四国・九州)・朝鮮(南部)・中国(安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・四川・貴州)に分布。
 埼玉県では絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 根にアルカロイドを含み、有毒。
 塊根を天葵子・紫背天葵・天去子と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.94-96
 また、農薬に用いる。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index