ひきおこし (引起) 

学名  Rabdosia japonica (Isodon japonicus, Plectranthus glaucocalyx var.japonicus, P.japonicus)
日本名  ヒキオコシ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  エンメイソウ(延命草)、トンボソウ、ムラタチ、オロトド・オロントド・オリド
漢名  藍萼香茶菜(ランガクコウチャサイ,lan'exiangchacai)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  香茶菜、山蘇子、回菜花、倒根野蘇
英名  
2008/05/24 東京薬科大学薬草園

2010/08/24 富山県薬用植物試験場

2010/10/16 薬用植物園


 ヤマハッカ属 Rabdosia(Isodon;香茶菜屬)については、ヤマハッカを見よ。
 和名は、葉がきわめて苦く、起死回生の力があるといい、瀕死の病人に弘法大師がこれを飲ませたら起き上がった、という伝説から。延命草も同じ意。
 学名に含まれる glaucocalyx は「粉白色を帯びた・灰青色の」、漢名藍萼はその訳。
 変種としてのヒキオコシは、日本(北海道南部・本州・四国・九州)・朝鮮に分布。
 種としては、日本・朝鮮・中国
(東北・河北・山西・寧夏・山東・華南・安徽・江蘇)・ロシアに分布。
 中国では、藍萼香茶菜の地上の全草を薬用にする。
 日本では、民間に健胃剤として用いる。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index