はっか (薄荷)

学名  Mentha canadensis var. piperascens (M.arvensis var.piperascens, M.arvensis var.formosana, M.sachalinensis, M.haplocalyx var.nipponensis)
日本名  ハッカ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  ニホンハッカ、メグサ(目草)、メハリグサ、メザメグサ、オオアラキ、ミズタバコ、
漢名  家薄荷(カハクカ,jiabohe)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  
英名  Japanese mint

2007/06/20 薬用植物園
2007/10/08 同上

 ハッカ属 Mentha(薄荷屬)には、東アジアに自生するものとして、次のようなものがある。
   ヌマハッカ M. aquatica(E.watermint)
   ヨウシュハッカ M. arvensis
     ヨウシュハッカ(ミント) ssp. arvensis(E.fieldmint)
     var. malinvaudi (龍脳薄荷・龍絞)
   ハッカ
(広義) M. canadensis(M.arvensis var.haplocalyx, M.haplocalyx; 薄荷・野薄荷・
        土薄荷・水薄荷・魚香草)
 中国では全国の水辺湿地に自生。
        『中国本草図録』Ⅰ/0298・『中国雑草原色図鑑』187
     ハッカ var. piperascens(M.arvensis var.piperascens, M.arvensis var.formosana,
         M.sachalinensis, M.haplocalyx var.nipponensis;家薄荷・田薄荷)
        
 日本のハッカ、日中で栽培
     var. haplocalyxoides(平葉留蘭香)
   M. cordifolia(心葉留蘭香)
   M. crispata(皺葉留蘭香)
ヨーロッパ原産、中国では栽培。
   アメリカハッカ M.×gentilis(M.×gracilis, M.×cardiaca;光葉薄荷)
        
ユーラシア・北アメリカ産、中国では栽培
   M. gracilis(纎細留蘭香)
上海の中藥商品中に本品が混っていた、と(名鑒)
   M. dahurica(M.sachalinensis; 興安薄荷・野薄荷) 『中国本草図録』Ⅸ/4322
   ヒメハッカ M. japonica
   ナガハッカ M. longifolia
   セイヨウハッカ(コショウハッカ・ペパーミント) M.×piperita (歐薄荷・辣薄荷; E.peppermint)
     ベルガモットモント var. citrata(var.citriodora;檸檬辣薄荷)
   メグサハッカ M. pulegium (唇萼薄荷;E. pennyroyal mint)
   ミドリハッカ(オランダハッカ・スペアミント) M. spicata(M.viridis;留蘭香・綠薄荷・南薄荷;
        E.spearmint)
     チリメンハッカ(カーリーミント) var. crispa (E.curlymint)
     var. spadana(小葉留蘭香)
   マルバハッカ(アップルミント) M. suaveolens (圓葉留蘭香;E.applemint) 

 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。 

 漢名の薄荷は、古くは 菝■{蘭の柬に可を代入}(ハツカツ,bahuo 又は ハツカ,bahe)・茇●{草冠に括}(バツカツ,bakuo)・茇■・勃荷(ボツカ,bohe)・薄◆{草冠に訶}(ハクカ,bohe)・波可(ハカ,boke)・蕃荷(ハカ,pohe)などとも書いた。 

 和名ハッカは、薄荷の音の転訛。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)薄◆に「和名波加」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10(1806)に、「薄荷 ハカ和名鈔 オホアラキ古名 メハリグサ西国 ミヅタバコ佐州 メザメグサ尾州」と。

 属名 Mentha はラテン語のハッカ。ギリシア神話において、冥界の女王ペルセポネー Persephone によってハッカに変えられた妖精 Menthe(Minthe)の名から来たもの。英名の Mint も同。
 種小名 arvense は「原野の」。変種名 piperascens は「コショウのような」。

 ヨウシュハッカ M. arvensis は、ヨーロッパ・北アメリカ原産。
 日本では本州にややまれに見られる、という。 

 中国の薄荷(ハクカ,bohe) M. canadensis(M. haplocalyx)は、朝鮮・中国(全国)・ロシアに分布。

 日本のハッカ M. canadensis var. piperascens は、日本・朝鮮・シベリア東部に分布。
 中国では、家薄荷(カハクカ,jiabohe;「栽培する薄荷」の意)と呼び、全国各地で栽培。
 日本では、文化14年
(1817)ころ メントールを採るために岡山で栽培されはじめ、そののち各地で栽培された。戦前は世界の8割を生産したが、今日では化学製品に押されて栽培は減り、当時の1割が薬用として生産されている。 

 古くから薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.243-245
 日本薬局方では、本種ハッカの地上部をハッカと呼び、これを水蒸気蒸留して得た油をハッカ油と呼ぶ。 

 
  かはかみの小畑
(をばたけ)にまで薄荷(はくか)うゑてかすかに人は住みつきにけり
  日は入りて薄荷畑に石灰
(いしばひ)をまきつつをりし人もかへりぬ
     
(1932志文内,斎藤茂吉『石泉』)
  

  ヨーロッパで古くから薬用にされているミント mint は、代表的なものは
   ペパーミント (セイヨウハッカ M. piperita)
   スペアミント (ミドリハッカ
(オランダハッカ) M. spicata) 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index