ぼたんぼうふう (牡丹防風)

学名  Peucedanum japonicum
日本名  ボタンボウフウ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  ショクヨウボウフウ(食用防風)
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/08/22 三浦市城ヶ島


 カワラボウフウ属 Peucedanum(前胡屬)については、カワラボウフウ属を見よ。
 和名は、ボタンとは葉の形から、ショクヨウとは若葉を食うことから。ボウフウとは、中国から渡来した薬用植物。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)防葵に、「ヤマナスビ和名鈔 ボタンニンジン ヒラノニンジン 御赦免ニンジン 御免ニンジン 五島ボウフウ キボウフウ ケヅリボウフウ クヒボウフウ江州 ボタンボウフウ尾州 サツマボウフウ」と。ただし、防葵はボタンボウフウではない、と(牧野)
 日本(本州中部以西・四国・九州・琉球)・朝鮮(南部)・中国・臺灣・フィリピンに分布。
 中国では、カワラボウフウ属の植物のうち、ノダケ及び P.praeruptorum(白花前胡・鷄脚前胡・官前胡)の根を前胡と呼び、薬用にする。地方により、カワラボウフウ・P.medium(華中前胡)の根を、前胡の代用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index