あずまねざさ (東根笹) 

学名  Pleioblastus chino
日本名  アズマネザサ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  アズマシノ、シノ、シノダケ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
アズマネザサか  2008/04/29 神代植物公園
2006/11/18 神代植物公園
2008/06/28 入間市宮寺

 アズマネザサ P.chino とネザサ var.viridis は、フォッサマグナを境として、東北日本にアズマネザサが、西南日本にネザサが分布する。
 ネザサは、アズマネザサに比べ、葉の幅がやや広い。
 品種にハコネダケがあり、箱根山に多い。
 メダケ属 Pleioblastus(苦竹屬)については、メダケ属を見よ。
 タケ一般については、たけを見よ。
 関東地方で、世俗に篠(しの)・篠竹(しのだけ)と呼ぶ。
 種小名は、和名シノから。
 日本の関東・東北に分布。
 小型のものから5mに達するものまである。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「竹のるひ」に、「根笹 やふに有。云ニ不及」と、また「箱根竹 ほそながく箆(のたけ)のごとく、今多く籠(かこ)細工ニつかふ竹」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index