にがよもぎ (苦蓬) 

学名  Artemisia absinthium
日本名  ニガヨモギ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  苦艾(クガイ,ku'ai)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  洋艾(ヨウガイ,yang'ai)
英名  Wormwood
2007/05/03 薬用植物園
2007/07/21 同上
2008/07/21 薬用植物園


2008/08/18 明治薬科大学薬草園

 ヨモギ属 Artemisia(蒿屬)については、ヨモギ属を見よ。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 和名・漢名は、植物体に苦味があることから。
 属名は、ギリシア神話の女神アルテミス Artemis から。彼女は出産の守護神であった。
 英名は、虫を駆除することから。
 広く地中海地方乃至中央アジアに分布。西ヨーロッパ・北アメリカで栽培。
 全草に強い芳香があり、葉は苦い。
 ヨーロッパでは、古くから分娩促進の湿布薬として用いた。
 また、全草を薬用(健胃薬)にし、かつては亜爾鮮(アルセム)と呼んだ。
 葉をリキュール酒アブサン absinthe(仏,アプサント;英,アブシンス;漢,艾酒)の原料とした。
 アブサンは1730年にフランスで発明され、19世紀末に盛んに飲まれた。しかし飲みすぎると神経麻痺を引き起こすので、1908年にはスイスで、1915年にはフランスで製造販売が禁止され、今日に至る。最近アブサンの製造には、ヨモギ属では A.barreliei
(スペイン産)・A.pontica(中部ヨーロッパ産)などを用いる。

 また、ベルモット・ペパーミントなどの香りづけの原料とする。 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index