はなはっか (花薄荷) 

学名  Origanum vulgare
日本名  ハナハッカ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  オレガノ
漢名  牛至(ギュウシ,niuzhi)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  滇香薷(テンコウジュ,dianxiangru)・土香薷、滿坡香(マンハコウ,manpoxiang)、五香草(wuxiangcao)
英名  Oregano
2007/06/20 薬用植物園

2007/08/13 同上


 ハナハッカ属 Origanum(牛至屬)には、次のようなものがある。

   O. beracleoticum
ギリシアのオレガノ
   O. dictamus(白蘚牛至)
   マジョラム
(マヨラナ) O. majorana(E. sweet marjoram)
        
 地中海地方・西アジア原産、ヨーロッパでハーブとして栽培
   ポットマジョラム
(フランスマヨラナ) O. onites ハーブとして利用
   ハナハッカ
(オレガノ) O. vulgare(牛至;E.oregano, wild majoram) 
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 
 ヨーロッパ・西アジア原産、中国では山西・陝西・新疆・江蘇・安徽・浙江・江西・臺灣・河南・湖北・四川・雲南・西藏に分布。
 西洋では、オレガノの名でハーブとして有名。とくにイタリア料理ではよく用いる。
 中国では、全草を薬用にする。
 同属の、地中海地方原産のマヨラナ O. majorana も、ハーブとして用いる。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index