ホップ 

学名  Humulus lupulus
日本名  セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)
科名(日本名)  アサ科、あるいはクワ科
  日本語別名  ホップ
漢名  啤酒花(ヒシュカ,pijiuhua)
科名(漢名)  大麻(タイマ,dama)科、あるいは桑(ソウ,sang)科
  漢語別名  忽布(コツフ,hubu)、香蛇麻、野酒花
英名  Hop
2007/06/20 薬用植物園


2005/08/05 東大農園
2005/08/11  薬用植物園

 日本には、変種のカラハナソウ H. lupulus var.cordifolius が自生する。
 カラハナソウ属 Humulus(葎草屬)については、カラハナソウを見よ。
 漢名の啤酒はビール、忽布は hop の音写。 
 「雌花が成熟すると各小花の基部にルプリン lupulin あるいはホップ粉hop-meal と呼ばれる黄色い粉ができる。」「雌花のルプリンはビールに特有の苦みと香りを与え、タンパク質を沈殿させてにごりをおさえ、泡立ちをよくするほか、ビールの腐敗を防ぐ。」(『平凡社世界大百科事典』)
 ヨーロッパの原産、中国でも新疆北部に野生するという。『中国本草図録』Ⅰ/0029
 日本
(北海道・本州中部以北の高原)・中国(東北・華北・西北・山東・浙江・四川)・北アメリカなどで栽培する。
 中国では、未成熟の緑色の花穂を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index