アーティチョーク  

学名  Cynara scolymus
日本名  アーティチョーク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  チョウセンアザミ(朝鮮薊)
漢名  洋薊(ヨウケイ,yangji)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  洋百合(ヨウヒャクゴウ,yangbaihe)、朝鮮薊(チョウセンケイ,chaoxianji)、菜薊
英名  Artichoke, Glove artichoke
2006/05/06 薬用植物園 2006/06/22 同左
2007/06/28 神代植物公園

2005/08/02  薬用植物園
2006/08/13 神代植物公園

 チョウセンアザミ属 Cynara(菜薊屬)には、次のようなものがある。
   カルドン C. cardunculus(E.Cardoon)
     
地中海沿岸・カナリア諸島に分布。葉にとげがあり、花は紫色。
     葉柄を茹でて食用にする。ローマ人は花托を食った。
   チョウセンアザミ
(アーティチョーク) C. scolymus(洋薊) 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名チョウセンアザミは、明治時代に日本に入った際、朝鮮を経由した(あるいはそのように考えられた)ものか。また、アザミとは属が異なる。
 地中海地方・中央アジア原産。野生種カルドーン C. cardunculus を改良したもの。
 15世紀にはイタリアに、16世紀にはフランス・ドイツに広まった。
 アーティチョークをシチリアからフランスにもたらしたのは、アンリUの妃カトリーヌ・ド・メディシス
(1533王妃)
 『中国本草図録』T/0377に載せる C.scolymus は、総苞の形が異なる。
 日本には明治以後に渡来(一説に江戸時代)
 多肉質な蕾の総苞片を食用にする。また花瓣・花托も食用になる。
 近年、花を観賞用・切花用にするために栽培するほか、民間では葉・根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index