たまのかんざし (玉簪) 

学名  Hosta plantaginea
日本名  タマノカンザシ
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  
漢名  玉簪(ギョクシン,yuzan)
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  棒玉簪(ボウギョクシン,bangyuzan)、玉春棒(ギョクシュンボウ,yuchunbang)、白鶴花(ハクカクカ,baihehua)・白鶴仙
英名  Fragrant plantainlily
2007/07/26 神代植物公園
2006/09/07 法善寺 (長瀞町)  八重ざき品。

 マルバタマノカンザシ H. plantaginea var. plantaginea はよく種子をつけ、かつよく発芽するが、タマノカンザシ H. plantaginea var. japonica は不稔、という。
 ギボウシ属 Hosta(玉簪屬)については、ギボウシ属を見よ。
 和名は、漢名の訓。
 漢名は、いずれも花の形から(本草綱目)
 中国北部原産といい、中国では 広く西北を除く各地で 観賞用に栽培されている。開花期は九月、夜に花を開き、芳香がある。また、花にわずかに毒があり、薬用に用いる。
 日本には、昭和初期に林博太郎がヨーロッパから持ち帰った(一説に中国から輸入した)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index