すいせん (水仙) 

学名  Narcissus tazetta var.chinensis
日本名  スイセン
科名(日本名)  ヒガンバナ科
  日本語別名  ニホンズイセン、セッチュウカ(雪中花)、ニワキ
漢名  水仙(スイセン,shuixian)
科名(漢名)  石蒜(セキサン,shisuan)科
  漢語別名  雅蒜(ガサン,yasuan)、天葱(テンソウ,tiancong)、凌波仙子(リョウハセンシ,lingboxianzi)、金盞銀臺(キンサンギンダイ,jinzhanyintai)、儷藍(レイラン,lilan)、女星(ジョセイ,nüxing)
英名  Chinese narcissus
2008/02/14 千葉県安房郡鋸南町(きょなんまち)江月(えづき)
2004/12/08 学内
2004/12/22 学内
房ざき品   2005/01/21 跡見学園女子大学新座キャンパス
 漢名で、八重ざき種を玉玲瓏(ギョクレイロウ,yulinglong)という。


 スイセン属 Narcissus(水仙花屬)には、地中海地方・北アフリカ・西・南ヨーロッパに50-60種がある。
   N. atlanticus
   N. asturiensis
ポルトガル産
   N. bicolor ピレネー原産
   N. broussonetii
モロッコ産
   N. bulbocodium(圍裙水仙) ヨーロッパ南西部・北アフリカ産
   N. cantabricus
 ヨーロッパ南西部・北アフリカ産
   N. cavanillesii
スペイン南部・モロッコ産
   N. cyclamineus(仙客來水仙)
   N. hispanicus
   N. incomparabilis(明星水仙)
   キズイセン N. jonquilla(丁香水仙・燈心草水仙・長壽花)
   N. longispathus
   N. moschatus
   N. nevadensis
   カンランズイラン N.×odorus
   N. papyraceus
   クチベニズイセン N. poeticus(紅口水仙)
 ピレネー乃至ギリシアに分布
   ラッパズイセン N. pseudo-narcissus
   N. serotinus
地中海地方産
   スイセン
(広義) N. tazetta
     フサザキスイセン var. tazetta(法國水仙)
     スイセン
(ニホンズイセン) var. chinensis(水仙・水仙花)
   N. triandrus(三蕊水仙)
 スペイン・ポルトガル産
   N. viridiflorus
   N. watieri 
 ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)については、ヒガンバナ科を見よ。
 和名スイセンは、漢名の音。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』9
(1806)に、「水仙 セツチウクワ下学集 ハルタマ大阪 キンダイ房州 今ハ通名」と。
 漢名水仙は、「此の物、卑湿の処に宜し。水を缺くべからず。故に推薦と名づく」と(李時珍『本草綱目』)
 学名の属名・英名は、ギリシア神話に現れる美少年ナルキッソス Narkissos から。
 学名の種小名 tazetta は、イタリアの小型コーヒーカップ、花の形から。
 漢名の金盞銀臺も、花の形から。
 なお、英名を daffodil というものは、ラッパズイセン
 フサザキスイセンは、地中海地方の原産。
 中国には、唐代以前にシルクロードを経て伝わった。
 日本には、古く中国から入った。一説に遣唐使が、キクやアサガオと同様に、薬草としてもたらしたものだろうといい、一説に 海流に運ばれてきたものだろう、という。
 九条良経(1169-1206)の色紙にその姿が見え、『下学集』(1444)にその名が見える。現在では、暖地の海岸近くに野生化している。
 根茎等にリコリンを含み、有毒。
 西方では、クレタ島の ミノア文明クノッソス宮殿の壁画に画かれる。
 中国における水仙の文化史は、『Web版 中国絵画史事典』すいせんの項を見よ。

   水仙や白き障子のとも移り 
(芭蕉,1644-1694)
   初雪や水仙のはのたはむまで 
(同)
   其にほひ桃より白し水仙花 
(同)
 

   その翌朝おしろいやけの素顔吹く水仙の芽の青きそよかぜ
     
(北原白秋『桐の花』1913)

 今日では、福井県の県花。
 ギリシア神話に現れる美少年ナルキッソス Narkissos は、泉の水面に映る自分の姿に恋をし、思いかなわぬままやつれて死んだ、そのあとにさいた花がスイセンである、という(Ovidius)。
 (この神話に歌われるスイセンは、クチベニスイセン N. poeticus であるという。)
 なお、Narkissos は narke
(麻痺、昏睡、無気力などの意)の語からできた名で、スイセンの有毒な鱗茎に因む。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index