しゅうかいどう (秋海棠) 

学名  Begonia grandis (=B. evansiana)
日本名  シュウカイドウ
科名(日本名)  シュウカイドウ科
  日本語別名  
漢名  秋海棠(シュウカイドウ,qiuhaitang)
科名(漢名)  秋海棠科
  漢語別名  大花秋海棠、八月春
英名  Two-colored begonia
2005/08/02  野川公園自然観察園

 シュウカイドウ科 Begoniaceae(秋海棠科)には、3-5属約900-1200種がある。
   シュウカイドウ属 Begonia(秋海棠屬)
 中国には約90種
   Begoniella
南アメリカのエクアドルに分布
   Hillebrandia
ハワイに1種
   Symbegonia
ニューギニアに15種 
 シュウカイドウ属 Begonia(秋海棠屬)の植物には、東アジアに次のようなものがある。
   B. acetosella(酸味秋海棠) 『雲南の植物Ⅲ』70
   B. augustinei(歪葉秋海棠)
   B. calophylla(美麗秋海棠・裂葉秋海棠・虎爪龍)
   B. cathyana(花葉秋海棠)『中国本草図録』Ⅹ/4755
   B. cavalerei(盾葉秋海棠)
   B. circumlobata(周裂秋海棠)
   B. crassirostris(粗喙秋海棠・大半邊蓮) 『中国本草図録』Ⅷ/3697
   B. cyclophylla(圓葉秋海棠)
   B. digyna(槭葉秋海棠)
   B. edulis(葡萄葉秋海棠)
   シュウカイドウ B. evansiana(B.grandis;秋海棠)
 『中国本草図録』Ⅴ/2216
     シロバナシュウカイドウ var. alba
   コウトウシュウカイドウ B. fenicis
 石垣島・西表島に自生
   B. fimbristipulata(紫背天葵・散血子・紅天葵)『中国本草図録』Ⅹ/4756
   B. hemsleyana(掌葉秋海棠)
   B. henryi(柔毛秋海棠)
   B. labordei(心葉秋海棠)
   B. laciniata(裂葉秋海棠)  『中国本草図録』Ⅸ/4250
     マルヤマシュウカイドウ var. formosana(B.formosana) 石垣島・西表島に自生
   B. leprosa(團扇葉秋海棠)
   B. limprichtii(■
{艸冠に戢}葉秋海棠・七星花・血染葉) 『中国本草図録』Ⅵ/2731
   B. pedatifida(掌裂葉秋海棠)
 『中国本草図録』Ⅸ/4252
   B. sinensis(中華秋海棠)
   B. smithiana(長柄秋海棠)
   B. versicolor(變色秋海棠)
 『雲南の植物Ⅲ』70
   B. wilsonii(一點血秋海棠・一點血) 『中国本草図録』Ⅵ/2732
   B. yunnsnensis(雲南秋海棠) 
 シュウカイドウ属の植物のうち、ヨーロッパ・アメリカで花・葉の観賞用に栽培される園芸品を、ベゴニアと呼びならわす。
 「花ベゴニア」には、次のもののほか、多数がある。
   クリスマスベゴニア
(フユザキベゴニア) B. cheimantha
   エラティオール B. hiemalis
   シキザキシュウカイドウ
(シキザキベゴニア) B. semperflorens (四季海棠)
   キュウコンベゴニア B. tuberthybrida
 「葉ベゴニア」には、次のもののほか、多数がある。
   レックスベゴニア B. rex-cultorum 
 和名は、漢名の音。
 属名 Begonia は、サンドミンゴの総督 Michel Begon(1638-1710)に因む。
 中国(河北・山東・長江以南)・東南アジア原産。
 日本には、一説に寛永18年間
(1641,白井)、一説に宝永(1704-1711)年間に渡来し、観賞用に栽培し、群馬・栃木以西の日蔭の湿地に野生化している。
 ヨーロッパには、E.ケンペル(1651-1716)、C.P.ツンベリー(1743-1828)らが紹介し、実物は1808年にロンドンのキュー植物園にもたらされた。
 中国では、全草・塊茎を薬用にする。

   秋海棠西瓜の色に咲きにけり 
(芭蕉,1644-1694)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index