ほざきのいかりそう (穂咲碇草) 

学名  Epimedium sagittatum
日本名  ホザキノイカリソウ
科名(日本名)  メギ科
  日本語別名  
漢名  三枝九葉草(サンシキュウヨウソウ,sanzhijiuyecao)
科名(漢名)  小蘗(ショウハク,xiaobo)科
  漢語別名  箭葉淫羊藿(センヨウインヨウカク,jianyeyinyanghuo)、羊合葉(ヨウゴウヨウ,yangheye)
英名  
2008/04/05 明治薬科大学薬草園
2007/04/10 小石川植物園

 イカリソウ属 Epimedium(淫羊藿屬)の植物については、イカリソウ属を見よ。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)淫羊藿の釈名に、「仙靈脾唐本。放杖草日華。棄杖草日華。千两金日華。乾鷄筋日華。黄連祖日華。三枝九葉草圖經」と。
 中国(江蘇・安徽・浙江・江西・福建・兩廣・湖北・四川)・臺灣に分布。
 全草を淫羊藿と呼び、薬用にする(古来有名な強壮剤)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index