しゅろ (棕櫚) 

学名  Trachycarpus fortunei (T. excelsus)
日本名  シュロ
科名(日本名)  ヤシ科
  日本語別名  ワジュロ、ノジュロ
漢名  椶櫚・棕櫚(シュロ,zonglü)
科名(漢名)  棕櫚科
  漢語別名  棕樹(ソウジュ,zongshu)、山棕(サンソウ,shanzong)
英名  Windmill palm, Hemp palm
2007/04/10 小石川植物園

 シュロ属 Trachycarpus(棕櫚屬)には、日本・中国・ヒマラヤに6-8種がある。
   シュロ
(ワジュロ) T. fortunei(椶櫚・棕櫚)
   T. martianum(山棕櫚)
   T. nana(龍棕)
   トウジュロ T. wagnerianus

 地中海地方原産のチャボトウジュロ Chamaerops humilis は別属。
 ヤシ科 Arecaceae(Palmae;棕櫚科)については、ヤシ科を見よ。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)棕櫚に「俗云種魯」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)31に、椶櫚は「スロノキ古歌 シユロ今名」と。
 中国原産、長江以南の各地で栽培し、或は野生する。
 日本では 各地で観賞用に栽培するが、南九州の一部では野生化している。
 中国では、葉柄(或は古い葉柄)及び鞘片の繊維を棕櫚と呼び、成熟した果実を棕櫚子と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.298-300 
 シュロ毛は、強さはないが耐水性があり、縄・刷毛・たわし・みのなどを作り、また油の濾過に用いる。
 
宮崎安貞『農業全書』(1697)には、船の綱・牛馬の綱・つるべ縄・(ことに軍隊用の)わらじ・箒などを作る、と記す。
 若葉をさらしたもので草履表・帽子・敷物・籠などを作る。
 シュロ毛は、黒焼きして鼻血止めに用い、花穂は干して薬用にする。
 
   棕櫚の葉の霰に狂ふあらしかな 
(野童,『猿蓑』1691)
 
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「椶櫚 つねのしゆろ也。春ノ中に花咲て丸キ実有」と。
 聖書に登場する palm は、「棕櫚の日曜日 Palm Sunday」などと 棕櫚と訳すが、じつは西アジア原産のナツメヤシ Phoenix dactylifera(漢名は椰棗 yezao、英名は datepalm)。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index