しゃりんばい (車輪梅) 

学名  Rhaphiolepsis umbellata
日本名  シャリンバイ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  タチシャリンバイ、ハマモッコク
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Yeddo hawthorn, Japanese hawthorn
2008/05/15 館山市平砂浦
2008/08/22 三浦市城ヶ島
2004/10/25  跡見学園女子大学新座キャンパス
 葉の幅が広いものをマルバシャリンバイと呼び、これをシャリンバイ(タチシャリンバイ)の変種 var.integerrima とすることがある。しかし、両者は連続的に変化するので、区別しがたいともいう。
 シャリンバイ属 Rhaphiolepsis(石斑木屬)には、次のようなものがある。
   R. ferruginea (鏽毛石斑木)
   R. indica (石斑木車輪梅・春花・春花木・雷公樹・白杏花)
   R. rugosa (皺葉石斑木)
   シャリンバイ R. umbellata(R. indica var. umbellata)
     ホソバシャリンバイ var. liukiuensis
 琉球に自生
     ヒメシャリンバイ var. minor
園芸品種
   シマシャリンバイ R. wrightiana 
小笠原に自生 
 バラ科 Rosaceae(薔薇科) ナシ亜科 Pomoideae(梨亞科)については、ナシ亜科を見よ。
 和名は、花がウメに、葉が放射状につく様子が車輪に、それぞれ似ていることから。
 シャリンバイは、日本(宮城・山形以西)・朝鮮・中国・臺灣・フィリピン・ボルネオの海岸に分布。日本では、各地で観賞用に栽培する。
 種としては、日本・朝鮮・中国
(安徽・浙江・江西・湖南・貴州・雲南・福建・兩廣)・臺灣・インドシナに分布。
 中国では、枝葉・根を薬用にし、果実を食用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「濱もつこく もちのるひ也」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index