ろうばい (蠟梅・臘梅) 

学名  Chimonanthus praecox (Calycanthus praecox;Meratia praecox;Chimonanthus fragrans)
日本名  ロウバイ
科名(日本名)  ロウバイ科
  日本語別名  カラウメ、トウウメ、ナンキンウメ、ランウメ
漢名  蠟梅・臘梅(ロウバイ,lamei)
科名(漢名)  蠟梅科
  漢語別名  黄梅花(コウバイカ,huangmeihua)、黄臘梅、九英梅(キュウエイバイ,jiuyingmei)、臘木(ロウボク,lamu)、香梅(コウバイ,xiangmei)、鐵筷子
英名  Winter sweet
2006/01/15 薬用植物園

2006/02/11  神代植物公園
2006/05/06 薬用植物園
2007/06/20 同上(別株)
2006/12/14 薬用植物園

ソシンロウバイ
(素心蠟梅) var. concolor  
  2005/01/15 薬用植物園   2009/01/06 神代植物公園

2004/09/06 学内 (ソシンロウバイ '満月')

 ロウバイ科 Calycanthaceae(蠟梅科)には、3属5-9種がある。
   ロウバイ属 Chimonanthus(蠟梅屬)
   クロバナロウバイ属 Calycanthus(洋蠟梅属)
 2-6種
   ナツロウバイ属 Sinocalycanthus(夏蠟梅属)
 1種  
 ロウバイ属 Chimonanthus(蠟梅屬)には、中国に2-6種がある。
   C. nitens (山臘梅・亮葉臘梅・毛山茶・岩馬桑・香風茶)
中国(江蘇・安徽・浙江・福建・江西・湖南・貴州)に産。秋冬に開花、葉を薬用。『雲南の植物Ⅱ』123・『中国本草図録』Ⅲ/1137
   ロウバイ C. praecox (臘梅)
     トウロウバイ(シンノロウバイ・オオロウバイ) var. grandiflora(磬口臘梅)
       
虎蹄・喬種などの品種がある
     ソシンロウバイ
(シロバナロウバイ) var. concolor(素心臘梅)
       
 揚州黄・吊金鐘などの品種がある
     カカバイ var. intermedius(狗牙臘梅・狗蠅梅)
       
香りが薄いが、繁殖が容易なので、台木に用いる 
   C. salicifolius (柳葉臘梅) 
中国(江西修水)に産し、浙江で栽培。秋に開花。 
 漢名は、花瓣が蠟(蝋)質なので蠟(蝋)梅という。一説に、臘月(陰暦12月)にさくので臘梅という、と。
 黄庭堅(1045-1105)によれば、その花が「女功の蝋を撚って成す所に類す(女しごとに作ったロウ細工のようだ)。京洛の人、因て蠟梅と謂う」と(『山谷詩集注』5)
 范成大
(1126-1193)によれば、「色は酷だ蜜脾に似たり。故に蠟梅と名づく」と(『梅譜』)
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)32に、「蠟梅 ナンキンウメ カラウメ トウウメ ランウメ 今通名」と。
 中国原産。江蘇・浙江・湖北・四川・陝西に分布、主要な産地は湖北・陝西。
 ただし、野生は比較的少なく、今日では広く各地で栽培する。
 花は、新暦の1-3月、葉の開く前にさく。花被片は多数:内層片は小型で暗紫色、中層片は大型で黄色、外層片は細鱗片。芳香がある。
 日本には江戸時代初期に入った。その時期は、『本草綱目啓蒙』によれば後水尾天皇(1596-1680;在位1611-1629)の時代といい、『地錦抄附録』によれば正保(1644-1647)年間、また宝永(1704-1711)年間ともいう。
 またトウロウバイは享保
(1716-1735)渡来、ソシンロウバイは江戸時代には渡来していたとも、明治中期の渡来ともいう。
 中国では、花の蕾・根・根皮を薬用にし、花から芳香油を採る。
 臘梅の観賞は、北宋時代に遡る。
 元祐元年(1086)冬、都の開封において、黄庭堅(1045-1105)は 初めてこれを詩に詠い、
「戯れに蠟梅を詠ずる二首」を作った。

  金蓓鎖春寒 悩人香未展    金蓓 春寒を鎖し、人を悩ます香は未だ展かず。
  雖無桃李顔 風味極不浅    桃李の顔 無しと雖も、風味 極めて浅からず。


  体薫山麝臍 色染薔薇露   体は山麝の臍に薫り、色は薔薇の露に染む。
  披払不満襟 時有暗香度    披払して襟に満たず、時に暗香の度る有り


 これより、都ではロウバイを盛んに観賞するようになった(『山谷詩集注』5)
 その花の香の強さは、「一花香十里」(陳與義「同家弟賦臘梅詩四絶句」の一)と評せられた。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)は、3の品種があるという。すなわち、「子(み・たね)を以て種(う)え、出でて経接(つぎき)せざるものは、臘月 小花を開き、香は淡し。狗蠅梅(クヨウバイ,gouyingmei)と名づく。経接して花は疎、開く時 口を含む(花びらが半開き)ものは、磬口梅(ケイコウバイ,qingkoumei)と名づく。花 密にして香濃く、色 深黄なること紫檀の如きものは、檀香梅(ダンコウバイ,tanxiangmei)と名づく。最佳なり」と。
 狗蠅は蔑称
(臘梅の中では劣ることから)避けて狗纓(クエイ,gouying)九英(キュウエイ,jiuying)ともいう。
 磬口の磬とは、古代の打楽器。音程を整えた「へ」字形の玉(ギョク,yu)を多数吊り下げ、これをチャイムのように叩いて奏でる。磬口梅の名は、その花びらが全開しない様子を、磬の形に擬えて。
 檀香はビャクダン、南方に産し 香木の代表。檀香梅の名は、ビャクダンの心材が 色は淡黄色で芳香があることを、この品種の特徴に擬えたもの。
 
(なお、和名をダンコウバイというものは、クスノキ科クロモジ属の別植物。)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index