かんざんちく (寒山竹) 

学名  Pleioblastus hindsii (=Arundinaria hindsii)
日本名  カンザンチク
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  ゴキダケ(護基竹)、ダイミョウチク(大名竹)、クモハライホウキダケ(雲払箒竹)
漢名  慧竹(ケイチク,huizhu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  
2006/02/11 神代植物公園
 メダケ属 Pleioblastus(苦竹屬)には、日中に十数種がある。
    P. actinotrichus(流蘇苦竹)
    P. amarus(苦竹・傘柄竹)
長江流域・秦嶺に産。葉を薬用、『中薬志Ⅲ』pp.287-289
    P. argenteostriatus
       オロシマチク cv. Distichus(P.distichus)
       ネザサ f. glaber(P.variegatus var.viridis f.glabra)
    アズマネザサ P. chino
       ネザサ var. glaber
    P. dolichanthus(長花苦竹)
    チゴザサ P. fortunei(P.variegata,Arundinaria variegata;花葉苦竹)
       ケネザサ f. pubescens
    カンザンチク P. hindsii(慧竹)
    アオネザサ P. humilis
    タイミンチク P. gramineus
    リュウキュウチク P. linearis
    P. pygmaea(矮苦竹)
    メダケ
(カワタケ・オナゴダケ・ナヨタケ・シノダケ・ニガタケ・シノベダケ) P. simonii(川竹)
         関東以西の海岸沿いや人家の薮に多い。
         アズマネザサ・ネザサとは、葉鞘の上縁が斜上することで区別する
    カムロザサ P. viridistriatus 
 タケ一般については、たけを見よ。なお、本種は 竹とはいうが、笹の一。
 寒山(カンザン,hanshan)は、唐代に天台山国清寺にいたという伝説的な僧。一連の寒山詩の作者と伝えられ、あい方の拾得(ジットク,shide)とともに奇矯な性格をもって知られた。宋代以降の中国や日本でしばしばペアで絵画化されたが、寒山は経巻を、拾得は箒をもつ姿に作るのが典型である。カンザンチクの名は、この種をもって箒を作ったことによる。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)に「苦竹、加波多計、本朝式用河竹二字」と。
 中国原産、日本の関東以西・中国で 観賞用・筍用または防風用・街路用などに栽培する。
 日本では、大正初期に全国的に開花したので、今日では少なくなったという。
 筍は、あくが少なく美味。
 葉が水平にならずに立ち、枝が枯れても葉が落ちないので、笹箒を作る。稈は釣竿に用いる。
『花壇地錦抄』(1695)巻三「竹のるひ」に、「苦竹(かわたけ) 苦竹(にがたけ)共いふ。是もつねのほそき竹也。つれつれ草に侍る苦竹(かわたけ)ハ此竹の事とぞ。皮竹と書度物なり。此竹、いつまでも皮おつる事なし」とあるものは、メダケのことか。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index