ひとつばはぎ (一葉萩)

学名  Securinega suffruticosa var. japonica
日本名  ヒトツバハギ
科名(日本名)  トウダイグサ科
  日本語別名  
漢名  葉底珠(ヨウテイシュ,yedizhu)
科名(漢名)  大戟(ダイゲキ,daji)科
  漢語別名  一葉萩(イチヨウシュウ,yiyeqiu)、葉下珠、狗杏條、馬掃帚、黄根子
英名  
雄株  2018/06/08 薬用植物園 
   
   
 中国産のものは、『中国本草図録』Ⅰ/0179。
 ヒトツバハギ属 Securinega(一葉萩屬)は、世界の温帯~亜熱帯に約25種がある。
    S. Suffruticosa 日本・中国・東シベリア・ヒマラヤに分布。
     ヒトツバハギ var. japonica 日本
(本州中部以西・四国・九州)・朝鮮に分布。
     アマミヒトツバハギ var. amamiense 日本
(甑島・種子島~琉球)・臺灣に分布。
 トウダイグサ科 EUPHORBIACEAE(大戟科)については、トウダイグサ科を見よ。
 和名は、ハギに似ていながら、葉が三小葉ではなく単葉であることから(牧野)。
 日本・朝鮮・中国(東北・華北・華東・河南・陝西・四川)・臺灣・シベリア東部に分布。
 埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
 雌雄異株。
 葉や花を薬用にする。『中草藥現代研究』Ⅲp.248
 中国では茎皮より繊維をとり、朝鮮では葉を食用とする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index