はまくさぎ (浜臭木)

学名  Premna japonica (P. microphylla; P. puberula)
日本名  ハマクサギ
科名(日本名)  クマツヅラ科
  日本語別名  トウクサギ、キバナハマクサギ
漢名  長柄臭黄荊(チョウヘイシュウコウケイ,changbingchouhuangjing)
科名(漢名)  馬鞭草(バベンソウ,mabiancao)科
  漢語別名  臭黄荊、豆腐柴
英名  
2007/06/07 薬用植物園
2008/05/22 薬用植物園
2007/07/21 同上
 ハマクサギ属 Premna(臭黄荊屬)には、次のようなものがある。
   P. acutata(尖葉臭黄荊)
   P. cavaleriei(黄藥)
   タイワンウオクサギ
(シマウオクサギ) P. corymbosa(P.obtusifolia)
   P. fulva(黄花豆腐柴・戰骨) 『中国本草図録』]/4817
   P. herbacea(草臭黄荊)
   P. interrupta(新序臭黄荊)
   P. ligustroides(臭黄荊・斑鵲子) 『中国本草図録』Y/2803
   P. mekongensis(鷄眼晴)
   ハマクサギ P. microphylla(P.japonica;豆腐柴・豆腐木・臭黄荊・腐婢)
   ルソンクサギ P. nauseona
   P. puberula(長柄臭黄荊・臭黄荊)
   P. subcapitata(頭序臭黄荊)
   P. sunyiensis(塘蝨角・大蛇藥・牛尾烏)
   P. szemaoensis(接骨樹・思茅豆腐柴・類梧桐)
 『中国本草図録』X/2276
   P. urticifolia(蕁麻葉臭黄荊) 
 クマツヅラ科 VERBENACEAE(馬鞭草科)については、クマツヅラ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』20(1806)腐婢の条に、「海辺小樹ハ俗ニ ハマクサギト云 一名ウサギカクシ ナツハシ日州 ゴゼノキ防州 コウヤノジヤウザン紀州花戸」と。
 漢名を黄荊というものは、タイワンニンジンボク
 日本(渥美半島以西)・琉球・臺灣に分布。
 葉に臭気がある。有毒。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index