びようやなぎ (未央柳・美容柳)

学名  Hypericum monogynum(H.chinense, H.chinense var.salicifolium)
日本名  ビヨウヤナギ
科名(日本名)  オトギリソウ科
  日本語別名  
漢名  金絲桃(キンシトウ,jinsitao) 
科名(漢名)  金絲桃科 (藤黄科)
  漢語別名  金絲海棠(キンシカイドウ,jinsihaitang)、土連翹(ドレンギョウ,tulianqiao)、五心花
英名  
2007/06/19 小石川植物園
2005/06/13 学内
2006/10/25 学内


 漢名は、H. chinense に対するもの。
 オトギリソウ属 Hypericum(金絲桃屬)については、オトギリソウを見よ。
 
 中国原産、河北・陝西・江蘇・浙江・江西・福建・臺灣・河南・湖北・廣東・四川に分布。
 日本には、一説に宝永5年
(1707)に渡来。観賞用に栽培される。
 果実・根を薬用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「美陽(びやう) 花うこん色。花中ニ金のほそしべ一はいもりてあり。葉ハ柳のごとし」と。
 貝原益軒『花譜』(1694)に金糸桃の記述がある。

 君を見てびやうのやなぎ薫るごと胸さわぎをばおぼえそめてき
 (北原白秋『桐の花』1913)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index